投資体験談

【2021年版 投資体験談】コロプラ株(3668)で290万円損失…。私は白猫プロジェクトで儲かると信じていました。

2021年2月25日

【千葉,30代男性会社員,逆指値の魔術師 さん】

当サイトでは読者様からの投資体験談を募集しています。

他人様の儲かった体験、損した体験は、これから投資を始める方やふと周囲が気になって初心に戻りたい方など、個人投資家様から一定の需要があるものと考えます。*詳細を下部に記載。

 

1. 株の損失体験談

私はサービス業に勤務する会社員です。ここで私の経験を赤裸々に綴ります。

 

私は2019年から株式取引を始めました。

浪費しない性格なので、ボーナス等をコツコツ貯金していました。ある程度お金が貯まった時に、よくある資産運用術!的な本を読んだことが株を始めたきっかけです。そこには、投資で10%増やそう!今こそ株式投資!などの見出しが目立ち、少しでも不労収入があればいいなという思いからネット証券で取引スタートしました。

 

私は「自分は投資が出来る!!失敗しない!!」と過信しており、ワクワクしながら銘柄を探していました。
最初に東証1部上場の大型株を購入し、1時間おき、ひどい時はずっとチャートと板を眺めてました。笑
ですが、来る日も来る日も大きな値動きもなく、全然楽しくありませんでした。

 

エド
よくあることですが、ネット証券で一人で投資していると相談相手がいないので、途中から迷走するケースがあります。例えば、「不安なので素人が集う掲示板を頻繁にみて情報収集し心を休める」「とりあえず何かの株をすぐ買ってしまう≒いわゆるポジポジ病」「気が大きくなって当初の想定以上のリスクをとってしまう」などです。

 

もっと値動きがある銘柄はないのかと面白そうな株を探しました。
ここでの私の心の声としては「もっと刺激を!!エキサイティングな銘柄を!!」という感じでした・・・。ダメな投資家の典型的なパターンでした・・・。

 

今思えばここから失敗が始まってるようなものです。

銘柄を探している中、目に止まった銘柄が『3668 コロプラ』でした。

*yahoo financeより抜粋

『コロプラ』は白猫プロジェクト等を配信しているスマホゲームを中心事業とした企業です。
私が投資を行なった当時はドラクエウォークを配信する時期であり株価が上がっている状態でした。
掲示板サイトでも騒がれており、「これは上がる!!今買わないと!!」と思いバカな私は飛びついて購入しました。

 

この時の投資金額は約300万円。

その後、株価は順調に上昇していき、板と掲示板を交互にずっと見てました。笑

含み益は約50万円。
「株なんてチョロいなー。これで金持ちになれるわ!!」という典型的なバカ投資家となっておりました。

 

ナル
気が大きくなるよね、どこか神になったような、錬金術師になったような感覚。よくわかります。

 

喜んで相場を見ることが出来たのは、この時まででした・・・。

 

「今日も上がるかなー!!」と楽しく相場を開いた時に絶句しました。

「え、、、落ちてるやん・・・。」

でも、私は「平均取得単価を落とすチャンス!!」と買い増しをしておりました。
その後、株価は下げ止まらず怖くなった私は『損切り』という選択をしました。

 

90万円の損切り。90万です、必死になって貯めたお金です。。。

投資初心者の私にとって大打撃でした。

悲しいという思いよりも「絶対に許さん!」という憤りの方が強かったと思います。それも、「コロプラから取り返してやる!」という執着です(笑)

 

損切り後もどこかで取り返してやろうと、気になって相場と掲示板を眺め続けていました。

 

ある日、配信された『ドラクエウォーク』がスマホゲームダウンロードランキングでも上位に食い込んでました。
その後、掲示板の評価も株価も少しずつ上がってきました。
またまた「絶対ここで取り返す!!ここから株価は上がるはずだ!!正当な評価をされ始めた!!ここで買わないと乗り遅れる!!」と株価が上昇した後に購入を実施しました。その時の私に会えるとしたら、ぶん殴ります。笑

 

結果といいますと、もうすでに見えていると思いますが、その購入価格がほぼ最高値であり、その後少しずつほぼ毎日下落していきました。

本当にここで、薄利でも売り抜けてしまえば良かったと思います。ですが、その時の私は「一度下がってから上がったんだから、もう一回上がるだろう!!」というおかしな過信があり、損切りせずに保有し続けました。

 

結局、株価が戻ることはなくそのまま株価は下落し、購入値の半値まで下がってしまったところで損切りを行いました、思い出しただけでも情けないです。

結局、『コロプラ』のトレードで投資用に準備していた資産の4割程度を失ってしました。

2度目は200万の損切り。。。。

 

この時は憔悴しました。絶望して損切りと同時にすぅーっと血の気が引いた感覚を今でも覚えています。

「ああ、終わったんだあ」
「こんなこともあるよね、うんうん」
「もう寝よう」
そして、起きて貯金を見るたびに、「自分はなんてバカなことをしてしまったんだろう」と自暴自棄になりました。

 

自分が行っていたのは、投資ではなくギャンブルと同じ投機でした。

途中から意地になって自分を見失っていたと気付いた時には、貯金から290万減っていたのです。。。

 

 

ナル
魔術師さんありがとう。辛かったでしょうが、若くして損失経験、いいじゃないですか。労せずして1000万儲かってしまい仕事へのモチベーションやライフスタイルが狂ってしまうより、投資の痛みを知ってこれから正しい投資を続けていけば、人生という時間軸の中で10-1000倍の倍返しができると本気で思いますよ。

 

 

2.失敗から何を学び、今はどうか?

このようなゲーム株、個別・仕手株は個人投資家の心理をコントロールし、出来るだけ資産を投資させて仕手筋が回収するという構図が成り立っております。

特に私のように初心者の個人投資家は刺激を求めて、値動きが大きい株、仕手株に手を出そうとします。
株式取引は『投機』ではなく、『投資』で行うべきです。刺激を求め、仕手株に手を出した時には、喜びは束の間で後悔する時には資産を失ってしまいます。

私はこの時の経験を糧に短期トレードから身を引き、中長期投資を勉強し始めました

短期的な値動きを見ずに「決算書・会社の将来性」を見て投資を行っております。
株価が上がり始めた時には購入を辞め、株価が下がり割安と判断した時に購入をしております。

そのように投資方針を変えた結果、資産を失うことなく少しずつ資産が増加しております。
その人には、その人に合った投資スタイルがあるので、みなさんもご自身にあった投資スタイルを探し、選択・判断を行ってください。

 

私のように仕手筋にオモチャにされた挙げ句、資産を取られる投資家が少しでも減れば嬉しいです。

 

ポイント

仕手株とは?

仕手株とは、巨額な資金を武器に意図的に株価を操作されている株銘柄です。機関投資家・大口個人投資家・プロップハウス・VC、など資金力のある主体が行います(こうした操作を行う投資家を仕手筋といいます。)
決算も悪く、好材料もないのに「なんでこの株が上がっているのだろう」とか弱い好材料の時に「いやいや、上がりすぎだろう・・・。」とこのように感じる株は仕手株の可能性が高いです。

わかりやすく説明すると、仕手筋が個人投資家の「おっ、上がってる!!買おう!!」「下がってきた・・・。もう損切りして売り抜けよう・・・。」というトレードを誘い儲ける構図になっております。個人投資家を出し抜いて仕手筋が儲ける仕組みになりがちです。

 

 

3. 損失体験へのコメント

エド
逆指値の魔術師さん、ありがとうございました。「出来高が突然上がる」「何の材料もなくストップ高・ストップ安を繰り返す」このような動きをする銘柄を購入する際は一度立ち止まって企業を調べ、自身で考えた上で投資判断をした方がいいですね。仕手株は値動き大きくその材料も不明、初心者には向きません。

 

株を買った後に、掲示板とにらめっこ。これも良くない。投資はしょせん投資。気にし過ぎてはいけないね。富裕層には浸透し始めているが、中長期で保有することが勝率を格段に上げる、これは事実。

可愛い子は寺に入れろと言うが、株も買ったらしばらくは放置しようか、という余裕ある姿勢を改めてお忘れなく。

ナル

 

 

以上となります。最後までお読み頂きありがとうございました。

なお、当記事は情報提供であり勧誘等を目的とするものではありません。詳しくは免責事項をお読み下さい。

 

当サイトでは読者様からの投資体験談を募集しています。

他人様の儲かった体験、損した体験は、これから投資を始める方やふと周囲が気になって初心に戻りたい方など、個人投資家様から一定の需要があるものと考えます。私どもに読者の方から銘柄や相場観などでメッセージを頂いた際、差し支えない範囲で投資経験をお聞きしており、上記のエピソードは読者の方から頂戴した貴重な体験談で実話です。

【外資系金融マンの投資大学】

-投資体験談

© 2021 外資系金融マンの投資大学