人気記事 新着記事

【2021年注目株 Grab(グラブ)】東南アジア最大の配車サービス!グラブの株価見通しと業績予想について(SPAC上場予定)

市場:???,ティッカー:???

*チャート、ティッカーシンボルは上場後に掲載予定

**写真はGrab社HP引用

 

 

1. スーパーユニコーン【Grab(グラブ)】2021年内にSPAC上場の可能性大!?

Grab(グラブ)は2012年にマレーシアで配車サービス運営企業として設立され、後に本社をシンガポールへ移転。現在は未上場であるが、2021年に直接上場・SPAC上場など株式公開の期待が寄せられる優良ユニコーンです。

 

Grabは、マレーシア・フィリピン・シンガポール・タイ・ベトナム・インドネシア・ミャンマー・カンボジアなど東南アジア諸国で高いシェアを誇ります。国によっては、バイクタクシーやトゥクトゥクなどの選択肢もあり、一度登録すれば東南アジア全土で利用できて非常に便利。

 

Uberを退けたGrabは、東南アジア各国で支配的な地位を築いています。

IT市場調査会社「ABI Research」によると、2019年上半期、ライドシェアにおけるGrabのシェアはインドネシアで63%、シンガポールで92%、ベトナムで72%、タイで90%。ライバル「Gojek」のシェアはそれぞれ35%、4%、10%、4.5%未満で、Grabに大差をつけられています。

上記動画にあるように、ライドシェア以外にも、自家用車向けGrabCar、オートバイ向けGrabBike、相乗りサービスGrabHitch、配送サービスGrabExpressおよび決済サービスGrabPay、などを提供しています。

 

**上図はGrab社HP引用

 

Grabは、2014年4月、シリーズAで1000万ドル(約10億円)調達してから現在までに100億ドル(約1兆円)以上を調達、評価額は160億ドル(約1兆6000億円)を超えています。中でも重要な役割を果たしているのがGrabの大株主と目されるソフトバンクでしょう。

 

ソフトバンクビジョンファンドはGrabに投資しています。2014年の260億円の出資を期に計4回出資しています(金額非公開)。そして、同じくソフトバンクの投資先である「Uber」の東南アジア地域でのビジネスをGrabは2018年に引き継いでいます。

UberとGrabは激烈なシェア争いを繰り広げましたが、UberはGrabの27.5%の株式を取得することを条件に東南アジアから撤退しています。

 

Uber、東南アジアのビジネスをライバルに売却――Grabの27.5%を得たのはwin-winの取引

…Uberが東南アジアのライドシェア事業をGrabに売却することは大きな反響を引き起こしている。しかしこれをGrabが勝ってUberが負けたと捉えるならものごとを単純化し過ぎる。以下この点について背景を交え検討してみよう。普通に考えればUberの東南アジア市場からの撤退はGrabの勝……【2018/3/27 TechCrunchより引用】

 

 

また、Grabは上述の通り、配車サービス以外にフードデリバリーサービス、生協宅配サービス、決済サービス、などにも注力しており、商業、金融、物流サービスを提供する単一のマルチタスクアプリ≒「スーパーアプリ」となることを戦略にしています。

 

「スーパーアプリ」と言えば、テンセントの「WeChat」やアリババ傘下の決済サービス「アリペイ(支付宝)」、生活関連サービス「美団(Meituan)」など中国企業の専売特許です。Grabにも上記巨人らと同じビジョンがあります。

 

Grabは2019年9月にOvoを買収、さらに中国のAlibaba Groupの金融部門であるアントグループが資本を投資しているインドネシアのDanaを合併するなどし金融事業への多角化に成功。

「Grab Financial」は、配車サービスを横広げし、出前、小包配達、生鮮食品配達、金融サービス、コンテンツなどを含む「スーパーアプリ」の実装に踏み切った際に、生まれた部門です。

Grab Financialには、マイクロ保険商品や後払い・分割払いサービス、オンライン販売者向けのオンラインチェックアウト決済方法「Pay with GrabPay」(GrabPayで支払い)など、さまざまな新サービスの開発が含まれています(「GrabPay」は決済サービス)。

 

 

なお、パンデミックは順調に成長するGrabにダメージを与えています。

Grab共同創業者兼CEOのアンソニー・タン(陳炳耀)氏は2020年6月、コロナウイルス流行が続く中、「従業員総数の5%に当たる360人をレイオフし、フードデリバリー、ライドシェア、モバイル決済に事業を集約する」と通達、外部環境の変化への対応を余儀なくされています。

 

 

 

2. Grab(グラブ)の上場観測について

 

エド
IPO、NYSEへの直接上場、など様々な憶測がありましたが、SPAC上場に落ち着きそうな見通しですね。もちろん今後も二転三転あるでしょうが。
まあ、今ならSPAC一択だろう。とりあえずSPACで行っとけって感じだな。
ナル

 

ソフトバンクG出資のグラブ、米投資会社のSPACと合併協議

ソフトバンクグループが出資する東南アジアの配車サービス大手グラブ・ホールディングスは、米投資会社アルティメーター・キャピタルの特別買収目的会社(SPAC)との合併を通じた上場を協議しており、交渉が進んだ段階にある。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。この取引でグラブの企業価値は約400億ドル(約4兆3630億円)と評価される可能性が…【Bloomberg2021/03/13】

 

↓Grabを食べる前のAltimeter Growth Corpの概要↓


ポイント

SPACは、自らは事業を経営せずに「未公開企業を通常の新規上場プロセスを経ずに上場させる」ためだけに設立された法人。SPAC上場により資金を調達し、一定期間内に合併や買収用の資金を調達しようとする方法です。

詳細,こちらの過去記事がわかりよいです↓↓

 

参考SPAC上場とは?SPAC(スパック)株式に投資するメリットとリスク・注意点について【2021年】

いつもご覧頂きありがとうございます、現役外銀エドです。今回はSPACについて3分 ...

続きを見る

 

 

 

3. Grab(グラブ)上場後の株価見通しと競合の株価推移について

2021年の上場を目指すGrabと大株主などのステークホルダー、昨年から急激に件数・金額が伸びているSPAC上場を選んだことは必然かもしれません。

エド
マーケットが好況時の今、投資家にはエグジットするインセンティブが強く働くでしょう。スピード感あるものとしてSPACか直接上場の二択となるは必然。上場後もロックアップ等あり投資家のエグジットには時間を要します。
Grabの初値買いは面白そうだな。。ビジネスモデルはウーバーの東南アジア版と考えるとシンプルだ。類似銘柄のウーバーや直近の大型SPAC上場銘柄の株価推移は参考になるな。
ナル

 

UBER

  • 上場初日の取引は軟調で初値・終値共に公募割れ。その後45ドルを超えたのは数日間、以降は下落、直近は以下チャート参照
  • バリュエーション高過ぎたか?

ウーバー株式上場、IPO価格下回る-時価総額700億ドル割れ

配車サービス最大手の米ウーバー・テクノロジーズは10日にニューヨーク証券取引所に上場した。取引初日の終値は41.57ドルと、新規株式公開(IPO)価格の45ドルに比べて7.6%安となり……【Bloomberg 2019/5/11引用


 

 

エド
現在ウォール街ではSPACが非常に人気化しています。IPO手続きにかかるコストと時間を節約できる魅力はデカい正直ここまで流行ると、市場はいつまで資金を吸収できるのか不安になってきます。しかしそこはバブル、踊らな損損。

また、Bloombergのデータでは2020年に米国で240社程SPAC上場がなされ810億ドルを調達しています。 しかしながら、SPAC上場後の株価パフォーマンスは全般に低調で、平均するとIPO価格を15%上回る程度の推移となっているのが実情です。

 

↓SPAC銘柄に投資すべきかについてはこちらの「SPAC銘柄の株価推移」がわかり易いです↓

 

参考SPAC上場「SVF Investment」とは。ソフトバンクのSPAC銘柄SVFAUの株価見通しと考察【2021年注目米国株】

市場:ナスダック , ティッカー:SVFAU *チャートはスマホ閲覧者向けに編集 ...

続きを見る

 

 

これを見るとGrabを場中で買って儲かるとはとても断言できないな。2019年にウーバーが上場したタイミングも決して悪くなかった、相当に注目されたしマーケットも活況だった。にもかかわらず伸力乏しかったね。もちろんUBERはIPO、GrabはSPAC(暫定)、この違いが投資成果に影響することは事実。Grabについてはこれから続々と情報が出てくると思うが、最も重要なのはバリュエーション。割高でないことを期待したい。

総じて、これほど世界をワクワクさせるスーパーユニコーン、そのお披露目を楽しみに待ちたいね!!

ナル

 

 

以上となります。最後までお読み頂きありがとうございました。

なお、当記事は情報提供であり勧誘等を目的とするものではありません。投資は自己責任でお願いします。詳しくは免責事項をお読み下さい。

引き続き、どうぞよろしくお願いします。

【外資系金融マンの投資大学】

Written by エドナル

-人気記事, 新着記事

© 2021 外資系金融マンの投資大学