グロース株 人気銘柄

2021年注目米国株式「ゼットスケーラー」株価見通しと業績予想。クラウドセキュリティのパイオニア企業!!

2020年12月29日

市場:ナスダック , ティッカー:ZS


*チャートはスマホ閲覧者向けに編集しています。ブラウザで閲覧する際は、左上のポップアップで開くをクリックし拡大表示して下さい。

 

クラウドベースのセキュリティに注力

Zscalerは、米カリフォルニア州に本社を置く、クラウドセキュリティのパイオニアです。

ゼットスケーラーのクラウドセキュリティは、高価で管理が難しい装置を設置することなく、充分なセキュリティ対策が可能となる点を強みとしています。

同社のZscaler Cloudを介してクラウドサービスにアクセスする「Zscaler Internet Access」(ZIA)や、

Zscaler Cloudを介してクラウドサービスや自社データセンターへ快適なリモートアクセスが可能となる「Zscaler Private Access」(ZPA)を提供しています。

「ZPA=Zscaler インターネット・アクセス」は、ファイアウォールの機能をクラウドで提供。2016年からは社内システムへの安全な通信回線機能を提供する「ZIA=Zscaler プライベート・アクセス」をローンチ。

ナル
ユーザーは自身の端末に専用アプリケーションをインストールするだけで、Zscaler Cloudをプロキシとして、適切なセキュリティポリシーに応じたアクセスが可能となります。
ハイテクは相当勉強してますがこのあたりは難解。要は、「ゼットスケーラーはネットセキュリティの一丁目一番地」でいいです。
エド

リモートアクセスに適したセキュリティサービスを提供しており、コロナ禍におけるテレワーク拡大を追い風に売り上げを拡大しています。

 

 

今後のゼットスケーラー 業績と株価予想

直近のゼットスケーラー財務内容

直近発表された決算内容は、コロナ拡大による在宅勤務増加を受け、とても強い内容となりましたね。

 

【NQNニューヨーク=岩本貴子】(コード@ZS/U)2日夕の米株式市場の時間外取引でクラウド上でセキュリティーサービスを提供するゼットスケーラーが急騰している。通常取引を前日比3.2%安の146.79ドルで終えた後、この水準を10%程度上回る場面があった。2日夕発表した2020年8~10月期決算が市場予想を上回った。21年7月期通期の見通しを引き上げたのも買い材料になった。

8~10月期の売上高は前年同期比52%増の1億4200万ドルだった。QUICK・ファクトセットがまとめた市場予想(1億3200万ドル)を上回った。「顧客がデジタル化を加速しており、力強い8~10月期の実績につながった」(ゼットスケーラーのジェイ・チャウドリー最高経営責任者)…

…20年11月期~21年1月期は売上高で、1億4600万~1億4800万ドルを見込む。中心値は市場予想(1億4000万ドル)を上回った。21年7月期の売上高見通しは6億800万~6億1200万ドルと、9月時点(5億8000万~5億9000万ドル)から上方修正した

日経新聞2020/12/03抜粋

 

エド
企業の非対面チャネルの急速な構築に伴い、これまで以上に需要が喚起されています。ワクチンを接種したからと言って、2021年もコロナ禍のライフスタイルが一気に緩和するとは思えません。半年~は現状が継続されるでしょう。 顧客には130ドルあたりからストロングバイ、を推奨してきました。直近200ドル近くまで駆け上がっていますが、ファンダメンタルズでは強気見通しのリサーチが主ですね。下落局面で丁寧に拾っていくことを推奨しているようです。

 

ゼットスケーラー テクニカル分析

 

ナル
基本的にハイテク銘柄にテクニカルを当てはめるのは危険だと考えますね、ファンダメンタルズや相場の趨勢に簡単に凌駕されるからです。

しかしながら、チャート上では、直近トライしていた上値160ドルを抜けてからとても強い。業績が伴う新値更新なので整合性はバッチリ。私見ではまだまだ伸びるのではと期待しています、時価総額はまだ3兆円未満で伸びしろがある。何かのタイミングで下落する局面があれば検討したい注目銘柄の一つですね。

 

以上となります。最後までご覧頂きありがとうございました。

 

当記事は情報提供であり勧誘等を目的とするものではありません。また投資の成果を保証するものでもありません。

投資は全て自己責任です。詳しくは免責事項をお読みください。

引き続きよろしくお願いします。

-グロース株, 人気銘柄

© 2021 外資系金融マンの投資大学