人気銘柄

SPAC上場「SVF Investment」とは。ソフトバンクのSPAC銘柄SVFAUの株価見通しと考察【2021年注目米国株】

2021年1月12日

市場:ナスダック , ティッカー:SVFAU


*チャートはスマホ閲覧者向けに編集しています。ブラウザで閲覧する際は、左上のポップアップで開くをクリックし拡大表示して下さい。

 

 

ソフトバンクのSPAC「SVFインベストメント(SVFAU)」の株は買うべきか?

**画像はsoftbankGroupより

SVFInvestment(SVFインベストメント)は、2021年1月7日にナスダックに新規上場したソフトバンクグループのSPAC(特別買収目的会社、スパック)で、カリフォルニア州サンカルロスに本社を構えています。

SVFインベストメントはSPACの持つ特性上、企業合併、資産取得、株式購入、組織再編、もしくは類似する事業の統合を目的として設立されたブランクチェック・カンパニーです。

また、SVFインベストメントは、ビジョン・ファンドを運営するソフトバンク・インベストメント・アドバイザーズがスポンサーとなっており、ソフトバンクグループの既存の投資先、もしくは新規の企業に投資する可能性があると公表しています。ソフトバンクグループはSVFインベストメントが行う買収先候補の業種として、人工知能(AI)やロボット工学、クラウド技術などを挙げています。

 

エド
なお、SPACとは企業買収を目的に設立される企業で、自身では事業を行ないません。親会社(ソフトバンクG)はSPACを立ち上げて投資家から資金を調達して上場(これがSVFインベストメント)し、SPACを通して企業を買収する(今は未公開企業)ことで、買収した企業を比較的容易に上場企業とすることができます。
詳しくは過去の記事、こちら↓を参考にして下さい。
ナル

 

参考SPAC上場とは?SPAC(スパック)株式に投資するメリットとリスク・注意点について【2021年】

いつもご覧頂きありがとうございます、現役外銀エドです。今回はSPACについて3分 ...

続きを見る

 

 

上記チャートはSVFインベストメント上場初日の動き。同社の新規公開(IPO)価格は、1株当たり10ドル(1038円)で、発行・売り出し数は5250万単位。上場初日は10ドルの公開価格から20%上昇した12ドルで取引を終え、上場初日で20%上げています。なお、上場に際しての主幹事はシティグループ、ドイツ銀行、キャンター・フィッツジェラルドなどです。

 

 

SVFインベストメント(SVFAU)の株価予想。SPAC銘柄はオススメできるか考察。

 

現状(1/12)では上場直後である上に、SPACにファンダもテクニカルも参考になりません。考察するにあたっては、SPAC銘柄全体の値動きを見てみましょう。

 

(1) SPAC銘柄の株価推移

 

エド
現在ウォール街ではSPACが人気化しています。IPO手続きにかかるコストと時間を節約できるからです。SPAC上場案件を2020年で最も多く取り扱ったのはクレディ・スイスとシティ。

また、Bloombergのデータでは2020年に米国で240社程SPAC上場がなされ810億ドルを調達しています。 しかしながら、SPAC上場後の株価パフォーマンスは全般に低調で、平均するとIPO価格を15%上回る程度の推移となっています。

SPAC≒プライベートエクイティ投資の代替みたいなイメージがあるが、すべてうまくいってるわけではないんだね?
ナル
みたいですね、この記事(axion [SPACの冷静な見方]より)によると、上場→最終フェーズの合併で合併後の株価が平均で3分の1以上下落しているみたいですね。
アソシエイトちゃん
エド
株だからリスクは付き物だし、合併先がショボかったというのもあるよね。というよりもSPACは玉石混交、SPAC経営陣や投資家に優劣様々あるからね。以下を見て欲しい。

 

SPAC 2020年上場

公開価格上昇率
1. Live Oak Acquisition Corp 171%
2. Kensington Capital Acquisition 162%
3. TPG Pace Beneficial Finance 154%
4. Longview Acquisition Corp 110%
5. dMY Technology Group 97%

 

エド
上記表は2020年に上場したSPACのうち、合併後に最も株価が上昇した銘柄の上位5社です。1位のライブオーク(DNMRチャート)は2020年3月に上場し5月に生体高分子メーカーの「DanimerScientific」と合併、株価DNMR(ライブオーク)はうなぎ登りです(*ライブオークアクイジションコーポレーション :プライベートエクイティのベテランであるリチャードヘンドリックスと投資銀行家のゲイリーワンダーリッヒによって設立されたSPAC)

 

エド
表2位、Kensington Capital Acquisition=ケンジントン・キャピタル・アクイジションはSPACであり2020年6月に上場、その後2020年9月にクァンタムスケープ(Quantumscape Corp、電気自動車用固体リチウムメタルバッテリーを開発する)と合併する。こちらも年末から大きく調整しているものの合併後の株価は堅調です(チャート下QS)。

 

エド
上記2銘柄はSPACによる合併・買収の成功事例といえます、同SPAC株式を買った一般投資家たちもかなり成功していますね。個別の事例紹介はここまでですが、PEのように数倍~になっている事例はたくさんあります。

つまりは、そのSPACを誰が経営しているか?誰が出資しているか?何と買収・合併したか?被買収企業はトレンドか?その価格は適正か?など、価格形成要素が多岐にわたります。SPAC投資は歴史があるものの未だ認知度低く謎が多くて非常に奥深い。皆さんも是非一度調べてみて下さい!

 

 

(2) SVFインベストメントのSBビジョンファンドに見る投資妙味は?

SVFインベストメントの出資者はソフトバンクグループ。ソフトバンクビジョンファンドと類似するセクターや投資先になると予想されます。よって、ビジョンファンドのこれまでの公開済み出資先を見てみると参考になるでしょう。

 

エド
膨大な情報に加え、いずれも未公開企業で情報薄。米中の企業が大半ですが、さすがにわからないことだらけ(汗)推測の域を出ませんね。。
ならば、公開された資料・記事の中から、エグジットに成功し利益が出たケースを見てみると、、
ナル

 

2020年9月末時点でビジョン・ファンド1号は83銘柄を保有し、投資額の合計750億ドル(7兆7300億円)に対し公正価値の合計は764億ドル。ビジョン・ファンド2号は13銘柄を保有し、投資額26億ドルに対し、公正価値は76億ドルとなっている。ビジョン・ファンド2号では、8月に米市場に上場した中国のオンライン不動産取引プラットフォーム企業、貝殻找房(ベイク、KEホールディングス)の株価上昇で5366億円の利益を計上した。同ファンドでは、昨年11月にベイクに対し13億5000万ドルを出資。【Bloomberg2020/11/9より】

また、先月公表記事では、

SBG傘下の「ビジョン・ファンド(SVF)」はドアダッシュに累計6億8000万ドルを投資し、新規株式公開(IPO)に伴う増資後の持ち株比率は約22%となった。ドアダッシュの時価総額は700億ドル(希薄化後ベース)に達しており、保有株式数から単純計算するとファンドの含み益は110億ドル程度となる【日経新聞2020/12/10より】

 

エド
凄い、、ビジョンファンド自体はPEファンドとして大成功ですね。エグジット(IPO)のタイミングも素晴らしい!

 

実質的なビジョンファンドVOL3となる今回のSPAC「SVFインベストメント」。株式市場の動向が一番大きいとはいえ、ソフトバンクGが持つ先見性とノウハウを鑑みると面白い銘柄だと思います。 しかし、株式市場は予想が難しいもの、SPACについては猶更ですね。一度皆さんもご自身でお調べになって下さいね。
ナル

 

以上となります。最後までご覧頂きありがとうございました。

当記事は情報提供であり勧誘等を目的とするものではありません。また投資の成果を保証するものでもありません。

投資は全て自己責任です。詳しくは免責事項をお読みください。

引き続きよろしくお願いします。

【外資系金融マンの投資大学】

 

-人気銘柄

© 2021 外資系金融マンの投資大学