グロース株 人気記事 人気銘柄

2021年注目銘柄「ローズタウン・モーターズ(RIDE)」株価見通しと投資妙味は? 電気自動車ピックアップトラック【エンデュランス】でテスラと差別化戦略。

2021年1月4日

市場:ナスダック , ティッカー:RIDE


*チャートはスマホ閲覧者向けに編集しています。ブラウザで閲覧する際は、右上のポップアップで開くをクリックし拡大表示して下さい。

**写真:LordstownmotorsHPより

 

EVピックアップトラックで優良銘柄!!テスラのサイバートラックとのバッティングは?

Lordstownmotors(ローズタウン・モーターズ)は、ゼネラル・モーターズの工場を購入し創業した米国のEVピックアップトラックメーカーです。社名のローズタウンは、オハイオ州ローズタウンにあったGMのローズタウン工場から引用しています。

 

ナル
GMはかつてローズタウン工場でシボレー・クルーズを年間40万台生産。ですが2019年にGMはシボレー・クルーズの生産終了を発表、ローズタウン工場も閉鎖されることになり、その際GMから同工場を買い取ったんです。

 

GMがローズタウン工場を新興企業に売却、一つの時代に幕

トランプ政権下で政治問題化した米ゼネラル・モーターズ(GM)のオハイオ州ローズタウン工場を、電気自動車(EV)トラックの新興企業ローズタウン・モーターズが買収した。両社が7日発表した。ローズタウン・モーターズは…2019/11/8 Bloombergより

 

ローズタウン・モーターズは、米国で最も儲かる自動車マーケットである「ピックアップトラック」にターゲティングしています。米国で売られている新車の7割はピックアップトラックです。日本では普通乗用車の市場の方が大きいですが、米国ではピックアップトラック市場こそ最大で最も儲かるマーケットです。

皆さんもよくアメリカの映画などで、ピックアップトラックに乗って走り去っていく光景を見たことがありませんか?

 

2020年のピックアップトラックのベストセラーは、

  • ダッジRAM
  • GMシボレー・シルバラド
  • フォードF-150

これらは乗用車を含めて米国で最も数多く売れている3車種になり、フルサイズピックアップトラックと言われる車種になります。

 

ピックアップトラックには、フルサイズより一回り小さいミッドサイズという種類もあるのですが、それらは基本的に業務用には向いていません。大工や工務店など、ピックアップトラックを日常業務に使っているユーザーは、自分たちが慣れ親しんだ荷台のサイズにこだわります。そのため、ピックアップトラックを開発する際は、彼らの仕事上の要求を満たす必要があります。その点、ローズタウン・モーターズのピックアップトラックはフルサイズであり、ごくありふれた標準的なデザインになっています。言い換えれば、奇抜なデザインで勝負する必要は一切ないのです。引用:ザイ・オンラインより

 

ローズタウン・モーターズが2021年に発売予定のピックアップトラックは「エンデュアランス」。フォードF-150と同じサイズです。

「エンデュアランス」は、「ダッジRAM」や「シボレー・シルバラド」「フォードF-150」の顧客を奪うことを目指しており、イーロン・マスク率いるテスラと競争することは考えていません。

テスラの「サイバー・トラック」は高級志向のユーザーを狙ったレジャー、娯楽、ラグジュアリーカーですが、「エンデュランス」は業務用です。ターゲットとなる顧客がそもそも異なるためバッティングしないだろうと言われています。業務用市場の顧客は、高いお金を払って高級車テスラのサイバートラックを買わないでしょう。

*写真:TeslaHPより

 

また、類似企業で電気自動車のトラック開発会社「二コラ」という企業もありますが、あちらは比較にならないほどひどい会社です。こちらは優良企業、二コラとローズタウン・モーターズの比較が議論されることはあり得ないでしょう。

 

 

今後のローズタウン・モーターズ 業績と株価予想

*写真:LordstownmotorsHPより

1. ローズタウン・モーターズ(RIDE)財務内容

ローズタウン・モーターズはすで5万台、30億ドル(約3000億円分)を受注済み、これらは2021年9月から出荷される予定であり、既に2022年までの生産分は予約完売と報じています。

また、顧客はすべて運送会社などで業務用目的。顧客は、主にコスト面を評価してエンデュアランスへの切り替えを決断したと言われています。

これらを受け、ゴールドマンサックスは目標株価を31ドルに引き上げ、投資判断を買いに引き上げています(2020/12/11)。

また、同社は年間60万台の生産能力があるとされ、2022年の売上高は16.9億ドル、販売台数は3.1万台、粗利益は1.39億ドル、粗利益マージンは黒字の8.2%、です。

 

 

2. ローズタウン・モーターズ(RIDE)テクニカル分析

ナル
他に類を見ない業務用EVピックアップトラック「ローズタウン・モーターズ」、かなり注目度は高い。2021年9月の納車に向けて再び市場参加者から注目を浴びるでしょう、先んじて動いても良いかも??
EVトラックの二コラという会社もありますが、類似企業といえ事業計画の中身がローズタウンとまるで異なるため同じような軌跡を描く確率は低いのではと思います。

ローズタウン・モーターズのように堅い事業計画とコストを抑えた商品開発力、現時点の販売実績など見ても優良ユニコーンなのは市場のコンセンサスですね

エド

 

3. ローズタウン株価 主要リサーチによる直近アナリスト予想

Date Brokerage Rating Price Target
12/22/2020 R. F. Lafferty Buy $35.00
12/11/2020 The Goldman Sachs Group Buy $31.00
12/9/2020 Wolfe Research Underperform $14.00
11/20/2020 Vertical Research Sell $15.00

 

 

*2020/01/12追記

当記事初回作成後に約1週間で約35%上昇しています。

 

**2020/1/23追記

2021年01月11日、ピックアップトラック「エンデュランス」の受注が10万台を超えたと発表。ローズタウンモーターズに対する従来の予想では、生産能力が追い付かずエンデュアランス10万台受注までは伸びないと言われていたため、この日はポジティブサプライズにより大幅上昇となりました。

 

以上となります。最後までご覧頂きありがとうございました。

当記事は情報提供であり勧誘等を目的とするものではありません。また投資の成果を保証するものでもありません。

詳しくは免責事項をお読み下さい。引き続きよろしくお願いします。

【外資系金融マンの投資大学】

-グロース株, 人気記事, 人気銘柄

© 2021 外資系金融マンの投資大学