グロース株 人気銘柄 新着記事

【2021年 注目銘柄】QDレーザ(6613)株価見通しと業績予想。視覚障害者向け網膜投影デバイスへの投資妙味とは?

2021年3月2日

市場:マザーズ,銘柄コード:6613

ポイント

QDレーザ(6613)は世界で初めて光通信用量子ドットレーザの開発&量産化に成功した日本のテクノロジー企業。世界中の視覚障害者(近視、乱視、遠視、老眼等)の方々へ希望を与えるビジリウムテクノロジー(VISIRIUM Technology)網膜投影デバイスで注目される。

by 株価チャート「ストチャ」

*写真はQDレーザ社より引用 

 

1. QDレーザ(6613)はどんな企業?網膜投影でイノベーション創出。

QDレーザは、富士通研究所の半導体レーザ技術を事業化するため、スピンオフベンチャーとして2006年に菅原CEOが創設し、その後2021年2月5日にマザーズへ上場しました。

菅原CEOは、富士通研究所で95年から量子ドットレーザの研究に携わっていたそうですが、2001年ITバブル崩壊によって富士通研究所の半導体や光通信の部門が売却、そこで、研究を存続させるためにスピンオフします。

 

なお、半導体レーザとは、光通信を使うデバイスで、光ファイバーの一端から光を入れることでデータを伝えることができる技術です。30kmもの長距離を飛ばしても伝送の強度は半分にしか落ちないため、遠距離通信が可能となります。

 

エド
同社が株式市場から最も評価されている点は、網膜に直接映像を投影する「ビジリウムテクノロジー」といっても過言ではありません。既に販売さているレーザアイウェア「RETISSA」シリーズ、視覚障がい者の方々の世界を照らす、という唯一無二のビジネスモデル、これが投資家を熱狂させています。

*テレビ東京公式Youtube引用

 

 

2. ビジリウムテクノロジーとは?その付加価値について。

上記で触れたようにビジリウムテクノロジーとは、網膜への直接投影技術のこと。視力すらを自在に操る力です。

こちらの動画が理解を早める上で大変参考になります↓

ナル
既に商品化に成功しておりアマゾンでも売っているようだね。RETISSAショップという直営ECサイトを見ると詳細が良くわかるね。

*上図はRETISA公式サイト引用(QDレーザ直営EC)

 

なお、同社は今度、生産能力向上、販売体制を強化して2022年度までにはRETISSA DisplayII(現在29万8千円)を10万円以下で販売・量産することを目標としています。また、グローバル展開を見据えて、メガネのZoff(インターメスティック)と業務提携し、富士通エレクトロニクスと販売代理契約を結んでいます。

 

エド
網膜投影は守備範囲のセクターではなく私は精通していません。それでも同社のイノベーションには将来性を感じます。ビジョンに惹かれますがマネタイズまで落とし込めるかがカギとなるでしょう。

ところで、お時間ある方は、こちらの動画を見ていって下さい。これを見て感動したのは私だけでしょうか?株の損得抜きで同社を応援したくなる、一瞬でもそんな気持ちになれる動画です。

 

 

3. QDレーザ(6613)の業績と株価予想

(1)業績推移

売上高 営業利益 経常利益 EPS
2016/03 6億1386万 - -3億5831万 -29.61
2017/03 5億7995万 - -8億812万 -51.36
2018/03 6億6401万 - -10億7521万 -69.54
2019/03 9億6098万 -9億7617万 -9億9609万 -45.77
2020/03 7億5663万 -12億723万 -12億2573万 -49.35
2021/03予 9億7400万 -6億8800万 -7億4000万 -26.14
エド
スタートアップだから足元の業績は赤字で構いませんが、問題は伸びしろですね。四半期ベースでもいいので売上急伸したり通期決算が予想を上方修正するようなサプライズがあると、株価が勢い付きそうですね。
2020年10月に富士通エレクトロニクスと提携して販売チャネルを拡充、その効果を見極めたいところ。以下の記事から、菅原社長の販売戦略が垣間見える。
ナル

 

社長コメント

富士通エレクトロニクスとRETISSAシリーズ販売代理店契約を締結

……QDレーザ代表取締役社長 菅原のコメント
富士通エレクトロニクス様には、当社が描く未来のアイケア市場構想に共感して頂きました。同社のグローバル拠点で弊社のRETISSAシリーズをお取り扱い頂くことになり、大変光栄に存じます。当社として来年数万台、今後3年間で累計10万台規模の拡大販売目標に向け、力強いサポーターと考え……【PRTimes 2020/10/7より】

 

(2) 今後の株価形成と考察

上場日(マザーズ) 2021年2月5日(金)
公募価格 340円
初値 797円
上場日終値(2021年2月5日) 770円
2/8 1,070円(S高)
2/9 1,480円(S高)
2/10 1,780円(S高)

エド
上場初日、797円で寄った株は790円で引け。その翌営業日から3日連続でストップ高、一時は公募価格の6倍近く上昇。ファンダメンタルズを見て判断するフェーズにはまだ至っておらず、今は需給でのみ価格形成されているようです。
にしてもIPO成行買いトレードの勝率ヤバいよな、、去年からこれ一択で資産何倍にもできてるよね。IPO抽選で株をもらっても大した金額当たらないからね。IPO成行買い…侮れない。
ナル

ナル
高値からの半値押しはクリア、まだまだ信用買い残が多くこれまでのようにスイスイ上がっていくとは思えないが半値押しを達成したここいらで一旦反発の兆しあるかも?
ここで止まらないようだと短期的に1200円半ばまでは早いでしょうね?

上・下どちらに転んでもボラタイルな動きは必然です。ギャンブルチックにならずに投資金額をコントロールすることが肝要かと。。

エド
ナル
私見だが、もし可能なら安い株価で仕込んで長期保有を決め込みたい。なぜなら日本人として是非応援したいビジョンとビジネスモデルだから。

 

 

現時点では以上となります。最後までお読み頂きありがとうございました。

なお、当記事は情報提供であり勧誘等を目的とするものではありません。投資は自己責任でお願いします。詳しくは免責事項をお読み下さい。

引き続きどうぞよろしくお願いします。

【外資系金融マンの投資大学】

-グロース株, 人気銘柄, 新着記事

© 2021 外資系金融マンの投資大学