まりんちゃん投資日記 新着記事

美人秘書まりんちゃんの投資日記③【エドナル監修】

(1) エドナル指南!まりんちゃんの運用実績③

*まりん氏の1000万を運用指南中!本人意向により一部黒塗りにしていますが紛れもない運用成果です。

 


先週時点のトータルリターン↓

参考まりんちゃん投資日記②【エドナル監修】

  (1) まりんちゃんの運用実績② *まりん氏の意向により、本人特定 ...

続きを見る

 

 

 

エド
4月1日からのスタートで60万弱のリターン、キャッシュも充分、堅調な滑り出しです。今週は特に相場が上下ありましたから、その動きを捉えることができましたね。
500万前後のポジションで、且つ個別銘柄を買ってるわけでもなし、流石だな。ポジションについて簡潔に頼む。
ナル
エド
先週は短期的に日経平均ショートを維持したままスタートし、水曜の28500円界隈のレンジ下限でクローズ&ドテンし、レバレッジの高い日経平均ロングへ。毎週末の相場予見で言ってましたように日本株は小幅なレンジ相場ですからね、楽なトレードでした。

ここは置いてるままの金で全て日経平均レバをいま買え!と指示しましたが、まりんちゃんから怖がられ、引かれましたね(笑)

ある程度の確信があり強気にいけたわけだな、その根拠は?
ナル
エド
日銀が水曜午後に買いを入れましたね、3月30日のETF購入を最後にようやく動きました。私と同じで投機筋は明らかに日銀の動きを観察していましたから、日銀が買うまで売り込まれ続けたはず、なのであそこは一旦買い戻しますね。
Excellent!!基本はコンサバ運用だが、ここぞという時はレバレッジETF・投信も使うわけか。そしてまりんちゃんはお任せしますわ、と言いつつ物言う投資家なわけだなw!
ナル

 

 

(2) 秘書まりんちゃんと歩む今後の投資方針について

ナル
オーナーまりんちゃんの希望リターンは、1年間で1000万円を1500万円にしろとのことだ。本来のポートフォリオなら債券のウェイトが6割で株は3割程度となるが、株式中心のロングショートやりつつ絶対リターン型でいくしかこのノルマ達成は無理だっ。

 

投資を行う際にまず考えることはアセットアロケーションですね。ポートフォリオと同義です。

よく勘違いされるケースがありますが、株や債券を買うタイミングはまあ重要といえば重要ですが、それ以上にアセットアロケーションの方が重要です。買うタイミングなんかより「何を何割買った?」の方が、後日のパフォーマンスの決定的要因となります。

現状は相場が堅調ですからまだ株式メインでいいでしょう。

まりんちゃんは使い慣れたソニー銀行がいいとのことなので、投信しか選択肢はありません。ソニー銀行では個別株買えません(笑)また、長期保有が理想ですが期間1年で結果出せ という縛りから、数日~数か月といった短期的な売り買いが求められます。

私は基本的に、日本株はインデックスしか買いません。個別銘柄で買えるのはソフトバンク(9984の方)か、あとはQDレーザーのような革新的ハイテクのような銘柄しか買いません(応援する意味で)。まりんちゃん運用においても日本株=インデックスでいいでしょう。

本命は米国株です。日本株とのパフォーマンスは比較になりませんね。

米国株のグロース、リート、コモディティ、このあたりを今後追加していきたいと思います。それから金(GOLD)を少し買っています。

 

 

(3) エドナル雑感

上記と話がかなりずれますが、私は仕事でしょっちゅうタクシーに乗ります。

まず、駅前や町中でタクシーをとめて乗車する際、「コロナの影響はどうですか?お客さんは戻ってきましたか?」を必ず運転手さんに聞くようにしています。

 

昨日のタクシー運転手さんは「売上が5分の1になった、たまらん。日本の政治家には本当に失望した、みんな貧困になる」とおっしゃっていました。その前日に乗った時の運転手さんは、「実働時間を倍にしたよ、それでも売り上げが8掛けくらいだからしんどいよ」と。

また3月後半では、「歓楽街の客が戻ってきたね、閉めてる店が多いから空いてる店に客が殺到している。もっとも、歓楽街の客はコロナで怖くて乗せられないから売上には影響してないんだけどね」などの声もありました。

 

一方で、オフィスからタクシーに乗るときは毎回ウーバーで呼びます。

ウーバーでハイヤーした運転手さんに同様の話をすると不思議なことに、暗い話が少ない。

 

「どうですか?儲かってますか?」と聞くと、「ぼちぼちですわあ」「コロナやからねえ」「今は待つしかないねえ」などわりと楽観的ともとれるリアクションです。

そこで「ウーバーや配車アプリによる売上は何割くらい占めてますか?」と聞くと、「こいつウザい客だな、、」と思われてそうですが、その答えは、最大で60%~最小で20%、などがほとんどで、ウーバーなど配車アプリを導入しているタクシーさんの売上構成比率が大きく変化しているように感じます。

「ウーバーで売上増えました?」と聞くと、「なに!こいつうざっ!!」とさらに思われてそうですが、5割増えました~少し増えました、などの返答で、「売上減りました」は聞いたことがありません。

そのせいか配車アプリの運転手さんの方が前者に比べて、かなり愚痴が少ない(笑)したがって車内が快適(笑)

 

 

環境変化に対応できる者が勝ち、対応できないものは去る。

恐竜が絶滅し哺乳類が栄えたと等しく、特にビジネスにおいては顕著ですね。

私のビジネスにもおいても同義とひしひしと感じますね。

仕事中に感じたしょうもない小話でした。

 

 

以上となります、最後までお読み頂き、いつもありがとうございました。

 

なお、当記事は情報提供であり勧誘等を目的とするものではありません。投資は自己責任でお願いします。

詳しくは免責事項をお読み下さい。引き続きどうぞよろしくお願いします。

【外資系金融マンの投資大学】

Written byエドナル

 

 

-まりんちゃん投資日記, 新着記事

© 2021 外資系金融マンの投資大学