新着記事 相場観・見通し

来週の相場見通し【2021年4月12日-4月16日】エドナル

来週の相場予見【米金利・株・為替】

*金融市場では金利が全ての起点となるため、米国長期債→株→為替の順にコメントしています。

 

金利(債券) 株式 ドル円
先週の戦略4/5-4/9 予想〇 予想的中◎ 予想〇
今週の戦略4/12-4/16 一旦のピークアウト 米株>日本株,GAFA復活,株式市場は金融相場⇒業績相場へ突入(第2フェーズ) 109-112円

 


先週時点の予想(アップ後のリライト・修正、一切なし)↓

参考来週の相場見通し【2021年4月5日-4月9日】エドナル

来週の相場予見【米金利・株・為替】 *金融市場では金利が全ての起点となるため、米 ...

続きを見る

 

 

米長期金利 [エドナル予見]

まずは米10年債。

エド
長期金利が市場を支配した3月。先週は予想通りリスク資産の金利感応度が低下。ドル円への影響のみくらいでしょうか?目先の金利については、最重要指標⇒注意深く観察程度へ
金利が多少上げ下げしようと株へのインパクトは薄れており、それは今週も続くだろう。マーケットの関心は既に金利から離れ、次へ移っているね。
ナル
エド
業績ですね?決算内容。それは後述するとして、今週の長期金利の見通しはいかがですか?
トレンドは継続、しかし一旦はピークをつけたように見えるね。30年債の動きは顕著だ。国債の順調な入札など、この金利水準なら悪くないとして需給も改善。
ナル

 

下記チャートは10年債日足⇒30年債日足

 

 

株式  [エドナル予見]

先週のコメント👇

 

ナル
GAFAM(ガファムorファング)が強い。周辺企業に投機マネーが移っても結局ここに帰ってくる。Facebookは目先2割上昇するとアナリストが公表、昨年からレンジだったが一気に高値を抜けてきた。

米株は安泰だね。S&P500は4000を突破し上しか見ていない。日本株とは大違いだ。我々は日本株はやめて米株を買え(エドナル流Buyアメリカ)を提唱しているが、今一つ抵抗がある投資家さんは多い。

先週も日本株はチャート上のレンジ上限で跳ね返され、方向感のない横ばいの動き。3万超を背にした戻り売りの構図は今週も続きますか?
エド
ナル
そうだな、今週の日経平均は依然として弱い、3万前後ではレンジ下限を狙った戻り売りが主体となろう。29000-3000円、或いは29500-30200円前後、方向感はなさそうだ。

週末のCMEは3万円弱で引けているが、またしても寄り天になるようだと相当弱いぞ。前回高値を抜けないと見るや29000円台を割る可能性は充分にある。一方で2/16高値約30700円を目指すような展開となればショートカバーも入り一気に上昇しそうだ。

 

エド
最後に米国株についてはどうですか?
先々週にコメントしたようにGAFAMに原点回帰。こっから先は業績相場。頭を切り替えるんだ。間違っても、ズームなどコロナ銘柄が下がってるからといってナンピンしないよう。それらはもう終わったと考えている。
ナル

 

GAFAチャート約2か月、いずれもSP500をオーバーパフォーム

 

 

 

為替 [エドナル予見]

エド
ドル円が110円を下抜け109円でもみ合う展開。一旦の上昇がストップしたとのニュースも多いですが?
ノイズと思って特に気にしなくていい。ドル円ロングがあなたの資産を守り増やすという構図は変わらない。先週は長期金利と連動してドルが売られたが、リスクオンに伴う円売りも根強い。目先は円を売って米株を買う。これでいい。

また、ドルは基軸通貨であって旅行時などの実用性も高く金利水準も高い、こんな優良資産はない。自国通貨円とドルを併用せよと言われているようなもの。もしドルの金利が円やユーロ並みに低かったら、私たちはきっとうろたえてしまう。

ナル
エド
魅力的な通貨として間違いはないと。ドル円をめぐる環境を整理しますと、

  • ①米テーパリング観測の後退(ドル売り)
  • ②市場で広がるリスクオン(円売り)
  • ③地政学的リスクの高まり(米中対立激化、ドル買い・円買い)

ってところですね。

ナル
ちなみに下値について触れておくと、108円38-50銭、ここを明確に割ってくると一旦の短期トレンドが終了と見る。だが現状なら、まだ慌てる必要はあるまい。

 

 

以上となります、最後までお読み頂き、いつもありがとうございました。

 

なお、当記事は情報提供であり勧誘等を目的とするものではありません。投資は自己責任でお願いします。

詳しくは免責事項をお読み下さい。引き続きどうぞよろしくお願いします。

【外資系金融マンの投資大学】

Written byエドナル

-新着記事, 相場観・見通し

© 2021 外資系金融マンの投資大学