新着記事 相場観・見通し

来週の相場見通し【2021年3月15日-3月19日】fromエドナル

来週の相場予見【米金利・株・為替】

*金融市場では金利が全ての起点となるため、米国長期債→株→為替の順にコメントしています。

金利(債券) 株式 ドル円
先週の戦略3/8-3/12 予想的中〇 予想的中◎ 予想的中◎
今週の戦略3/15-3/19 上昇トレンド一服 FOMC控え動意薄、ハイテクは戻り鈍い 更なる円安余地あり得るがFOMC次第


先週時点の予想(アップ後のリライト・修正、一切なし)↓

参考来週の相場見通し【2021年3月8日~3月12日】

  来週の相場予見【米金利・株・為替】 *金融市場では金利が全ての起点 ...

続きを見る

 

 

米長期金利

まずは米国債市場。

エド
先週は、10年債の金利上昇は一服し、次第にボラティリティが収まる展開を予想しました。8日月曜以降は金利が低下し完全に想定内の動きをしていましたが、金曜に大きく金利が跳ねましたね。
3月末のポジション調整など期末要因もあるだろうが強いトレンドを維持。2020/2/8高値1.684%あたりを楽に飛び越えてくるようだと2%を目指し得るね…だがそれはまだ時期尚早、今週は3/18FOMC控え一旦落ち着くと読む。
ナル
エド
今週木曜はFOMCが開催されます。その中でも、FF金利見通しを示すドットチャートが重要です。

パウエルさんはハト派で低金利長期化容認、一方で、利上げ時期を前倒そうとタカ派の主張をする理事が目立ってきています。ドットチャート等において過度なタカ派と市場が受け止めればリスクオフ、like2015年テーパータントラム。なお、リスクオフが怖くとも、長期金利への言及は何かしらあるべきでしょう。

すなわち市場の注目がFOMCへ集まっており、今週水・木は動意薄に。先週までのボラタイルな動きなどから、債券の調整については先週の段階で概ね完了したと予見します。

 

用語解説

FOMCとは?

Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)の略で、アメリカの金融政策を決定する会合のこと。FOMCは年に8回開催され、現在の景況判断と政策金利(FF金利)の上げ下げなどの方針が発表されます。その結果が市場の予想とは違った場合には、株式市場や為替レートが大きく変動することがあり、世界の金融マーケットにも大きな影響を及ぼします。

ドットチャートとは?

米連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーが予想する、米国の政策金利であるFF(フェデラルファンド)レートの水準を、それぞれひとつの点(ドット)として散布図化した「政策金利の見通し」のこと。毎年3、6、9、12月に米連邦準備理事会(FRB)が公表します。

タカ派とハト派って?

タカ派は金利上げましょうよ!引き締めラブ!

ハト派は金利下げましょうよ!緩和ラブ!

 

 

 

株式

エド
先週ナルさんと話した通り、ナスダック、グロース株は絶好の買い場となりました。しかしナスダックはこっから弱い?

 

 

ナスダックが金利に弱くここまでボラタイルな動きになる件は、特に投資初心者の方には身に沁みたろう。3月に入ってのハイテクの下げは早かった。

また、チャートが示すように反発も鈍い。ボリンジャーバンドが分かりやすく(下図)、今後ナスダックがすぐに高値更新とは見ていない、横ばい、むしろまだまだ売られても全然おかしくない。先週押し目買いしたナスダック銘柄は1週間で10%以上反発したものが大半、ハイテク弱しと感じられればそれらの利食いも出るだろう。

一方でバリュー株は全く動じない。もうわかっただろう?

ナル
エド
株のポートフォリオの重要性がですよね?バリュー(主に景気敏感株)とグロースの割合を決めて分散保有する意義。

コロナが終わって、今年1月中旬まではハイテク100%、バリュー0%で良かったでしょう。非接触ビジネスやオンラインプラットフォームが相場をけん引してきました。実際にそのポジションで我々も大儲けしましたからね。しかし、ツイッターや相場予見で情報提供したようにバリュー優位へ。1月後半からはハイテク20%、バリュー80%ほどのブレンド。だから3月に入ってもずっと儲かり続けています。

ナスダックの高値もみ合い、またはトレンド継続?いずれにしても、余裕の含み益が続くうちに一部・大半のグロースを利益確定しておき、シクリカルな銘柄の押し目を狙って乗り換えるべきだろう、バフェットの投資哲学を参考にして。
ナル

エド
今週をどう予想しますか?
株の調整も概ね先週までで完了。今週はFOMCもあるし期末要因(リバランスの売りと配当狙いの買い等)もある、ヨコヨコの展開と見る。ハイテクは引き続き神経質、要はダウは底堅くナスダックは微妙で引き続き金利に振り回される。なお、先週下攻めに失敗した売り方は今週おとなしくなるだろう。
ナル

 

 

為替

エド
為替についてはどうでしょうか?
カチャカチャと忙しい取引など不毛、ロングしっぱなしで含み益を楽しんで欲しい。もし先行きが心配ならFOMC前に109円以上で利食っておいてもOK!!
ナル

1月31日に予想した記事↓

 

エド
ドル円はイージーだからと予見が雑ですね、もう少しコメントして下さい汗
2020/6/5高値109.86円、超えれば111円以上へ。マスメディアが大好きな110円の心理的節目?そんなもの無いね。むしろ上へ突き抜けるため投機筋のターゲットにされるだけ。つまり6/5高値を超えればさらに上へジャンプだな。まあFOMC次第なのでこればっかりは予想つかないね!
ナル

 

 

以上となります、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

なお、当記事は情報提供であり勧誘等を目的とするものではありません。投資は自己責任でお願いします。

詳しくは免責事項をお読み下さい。引き続きどうぞよろしくお願いします。

【外資系金融マンの投資大学】エドナル

-新着記事, 相場観・見通し

© 2021 外資系金融マンの投資大学