新着記事 豆知識等

【悲報】デイトレーダーの勝率はわずか54%…しかし,株式 長期投資家の勝率は驚きの結果に!?

 

いつもご覧頂きありがとうございます、現役外銀エドナルです。今回は投資の勝率について

 

エド
結論から言うと、デイトレーダーの勝率は54%です。コインを投げて表がでる確率より少しいい数字。
それに対して、投資期間を1日ではなくて1年にするだけで損する確率を31%まで減らすことができる。10年投資すれば損する確率は10%だ。つまり10年単位で投資すれば勝率90%
ナル
エド
だから私たちは長期投資を超推奨しています。増やすことが簡単だからです。初心者の方含めて勝率9割、相当な確率っ!

*Source : RichardBernsteinAdvisors

 

 

1. 外資系証券著名人は「長期投資の重要性」を語る

 

モルガンスタンレーMウィルソン氏

「強気相場で最高のリターンを得るには過度な取引をしない自制心がしばしば求められる」2021年1月

 

ゴールドマンサックス株式ストラテジストデービット氏

「今後の強気相場は長期成長銘柄に長く投資することで最もパフォーマンスが上がるだろう」2021年2月

 

チャーリームンガー氏(バフェットの右腕)

「株式市場は既に投機的様相を呈しており、初心者の投資家が誘惑に駆られて短期トレードにはまり込んでいる(ギャンブルをしている自覚無く)。その多くは全投資資金を失うだろう」2021年3月

 

 

 

2. 資産形成はゆったりとしたプロセス&我慢強く

著名人リチャードJバーンスタインは直近の寄稿で、

特に若い投資家は、非常に長い投資ホラインズンを持ち、バイ&ホールドの姿勢で銘柄を分散投資せよ」と記しています。

 

エド
長期投資の重要性は、このサイトの読者なら既にわかって頂けているはず。デイトレーダーを養成するブログやユーチューバーはド素人と考えていいでしょう。あなたの資金を溶かすだけです。
バーンスタインは、長期投資だけでなく銘柄分散を指摘。それもハイクオリティ銘柄(優良株、持続的に安定的で高い収益成長が見込める企業)だけじゃなくロークオリティ銘柄(高成長が見込めるがボラティリティある高リスク銘柄)に投資すべきと説いてるね。
ナル

 

1989年に25歳だった若者が、ロー・クオリティ銘柄を1万ドル投資していたとすると、57歳になった現在の価値は38万7000ドルです。

それに対して、いわゆる超優良企業に1万ドルを同じ期間投資していた時の現在価値は、17万3000ドルです。

 

 

 

3. 株と競馬。株式投資は馬券?いや馬主!!

株式投資はよく馬券を買うことに例えられますね。もっとちゃんと言うと、馬券はハズレたら投資したお金が0になるが、株の場合はそれまでの間に売ればいいから0にはならない、けれども馬券みたいなもの、と。

 

ナル
これは間違いだね。馬券ではなく競走馬を買うことに近い。株式保有とは、投資先の企業の部分的なオーナーになることに等しい。馬主は、競走馬を買い、訓練しレースに出生させ、G1,G2,G3など重賞を狙い、賞金を獲得、そして種牡馬や繁殖牝馬として売却する、というプロセスだ。

株式投資による資産形成も馬主と同じで、サラブレッドを買った事と等しくエグジットまで時間がかかる。つまり、忍耐がモノを言うわけだ。金持ちになりたいなら我慢し続けよ。バイ&ホールドこそ奥義。

 

 

4. 引用元紹介。「デイトレーダーの勝率は54%、忙しく取引しても約半分は損」

 

Richard Bernstein Advisors 「Boomers knows best march 1」より引用(クリックして開く)

 

Boomer knows best

Renowned investor Charlie Munger recently suggested today’s speculative market was luring inexperienced individual investors into short-term trading that would ultimately harm their wealth. Mr. Munger has successfully invested through many cycles and his opinions deserve investors’ respect and attention. Instead, his comments were derided as those made by an old guy who does not understand today’s more modern markets. Everyone should cringe at such ageism not only because it reflects a general underappreciation of the risks associated with investing, but also because history has repeatedly shown short-term trading, especially in popular momentum stocks, does indeed often destroy wealth. Building wealth is actually a slow process. The keys to truly building wealth, as Mr. Munger knows and this Baby Boomer lives by, generally center on a patient approach to investing in out-of-favor companies or asset classes.

 

 

Patience can be an effective risk reduction tool

Empirical data show the probability of success when day trading is only slightly better to that when flipping a coin. There has historically been about a 54/46 chance of making money when holding stocks for a day versus 50/50 resulting from coin flipping. (See Chart 1). However, the probability of losing money has historically decreased as one extended their investment time horizon. Even extending one’s time horizon from one day to one year decreased the probability of a negative return by 15 percentage points (from 46% to 31%), and extending time horizon by years meaningfully reduced risk. Holding stocks, here represented by the S&P 500®, for 10 years has historically resulted in a positive return about 90% of the time. Most people will agree that 90/10 are superior odds to 54/46. Importantly, this analysis is based on pre-tax returns and does not include reinvesting dividends. Including taxes and dividends in the analysis would have further decreased the attractiveness of shortterm trading. Short-term trading usually results in lower after-tax returns because short-term returns are generally taxed as income, whereas longer-time horizon returns often qualify for lower capital gains tax rates. The compounding of dividends significantly boosts longterm returns, whereas short-term traders often don’t even receive dividends. So short-term trading can result in higher tax bills and omitting dividend income. The appendix shows similar charts for many asset classes. Except when investing in gold or commodities, time appears to be an effective risk reduction tool.……(続きを読む)

 

 

以上となります。最後までお読み頂きありがとうございました。

尚、当記事は情報提供資料であり勧誘等を目的とするものではありません。詳細は免責事項をご確認下さい。また上記情報の詳細については、必ず引用元をご確認下さいますよう重ねてお願い申し上げます。引き続きよろしくお願いします。

【外資系金融マンの投資大学】

wrriten by エドナル

-新着記事, 豆知識等

© 2021 外資系金融マンの投資大学