豆知識等

【2021年 外資系金融マン年収Q&A】年収いくらもらってますか?外資系金融で年収1億円ってのは本当?

2021年2月1日

いつもご覧頂きありがとうございます、現役外銀エドです。

今回は【外資系金融マンの年収事情】について。

実は当サイトとTwitterで最も多く寄せられる質問はダントツでコレ。

  • 「年収いくらもらってるんですか?」

今夜は数々のご質問にお答えする目的で、箸休め的に外資系金融マンのお給料について2分程語りたいと思います。

 

 

外資系金融マンって、年収いくらもらってますか?

エド
ナルさん、いくらもらってますか?
お前から先に言えよw
ナル
エド
給与の話は品が無くてお恥ずかしい限りですが、

私の場合、27歳で年収1000万円を超え、32歳で年収2000万円を超えました。28歳の時は背伸びして小さいプール付きのマンションに住んでいました。次第に税金システムの秀逸さを実感し始めます。年収は普通のペースだと思いますが、もっと貰う人々はたくさんいます。

今はどんなもんかいな?
ナル
エド
ナルさんもお分かりの通り、今のサラリー公開はリスクありますよね。その金額なら、米系?欧州系か?ニューワールドか、、? 過去記事からしてそのポジションでその年収ってことは…と同業さんに推察されるので現状は非公開。
もっと貰う人?その事例を聞かせてくれよ~エドちゃん。
ナル
エド
やや年下Aさんは、年収5000万を3-4年もらって退職してスタートアップへ転職しましたね。

同業他社Bさんは、一昨年ふるさと納税を400万したと。逆算すると年収1億2000万程。

先輩Cさんは、サラリーはもはやどうでもよいらしく、都心の不動産を買い漁っています。「会社員が唯一レバレッジかけられるのは不動産だけや!」が口癖。

じゃあ、石原さとみさんの旦那さんが年収5000万って報道は事実なのね。
アソシエイトちゃん
ナル
それは間違ってると思うよ~。年収5000万じゃなくてボーナスが50万ドルなんじゃない?あの若さでも年収1億前後はもらってる可能性大いにあると考察!
最高税率適用よ、もはやサラリーマンとは呼べないよね。
アソシエイトちゃん
エド
だからナルさんみたいに資産管理会社作るんですよね~
…私のことはまた次回にとっておこうやないか!
ナル

 

 

年収が高いのは間違いないが…安定しているの?

ナル
そもそも安定を求める人はここに来ないかな。。安定というのはリスクが低いということ、リスクが低いなら当然リターンも低くなる。外資系金融マンは高い年収(リターン)を求めて来てるわけだから、安定の対極にいるね。
だから女性にモテるんでしょうね。年収が高いだけの男に興味は無いけれど、厳しい世界で一生懸命働いて実力がついて高給もらってるところに女性なら惹かれるのかも、、
アソシエイトちゃん
エド
賢い女性って結構「生きる力」を見抜いてきますもんね。
ナル
今の時代、安定の職業など存在しない。親世代の影響から安定職を求める人々が多いことは驚きです。いっそのこと!でこの世界に転職してくる人たちは多い。そして去っていく人々が多いのも事実。
かなりクビになりますよね~、生き馬の目を抜く世界というのはマジです。
エド
ナル
ならば我々がここに残れている理由は何だろうな?
運が良いからでしょうね!!

本当に。

エド

 

 

外資系金融マン年収のまとめ

よく外資系金融マンの年収一覧に、こんな記事を見かけます。

  • アナリスト1年目:750万円
  • アナリスト2年目:900万円
  • アナリスト3年目:1,000万円
  • アソシエイト1年目:1,200万円
  • アソシエイト2年目:1,300万円
  • アソシエイト3年目:1,400万円
  • ヴァイスプレジデント(VP):1,500万円~
  • ディレクター/エグゼクティブ・ディレクター:2,500万円~
  • マネージング・ディレクター:3,500万円~

 

エド
当たらずとも遠からずです。リーマンショックはこの数倍の金額でしたが、リーマンショックは激減しました。ただ実際はもっと貰ってる方々が多いと思いますよ。
「仕事=年収が全て」とは決して思っていません。年収以上にエキサイティングでスリリングな職場であることが誇らしい。クビになるかも?ってスリルと隣り合わせな点も含めて面白い世界です。
ナル
エド
年収談義なんてお下品な話題ですが、

最も多く頂いたご質問に回答する目的でUPしてみました。就活や転職などお考えの方をはじめ、広くご参考になれば幸いです。

 

 

以上となります。最後までご覧頂きありがとうございました。

当記事は情報提供であり勧誘等を目的とするものではありません、詳細は免責事項をご確認下さい。

引き続きよろしくお願いします。

【外資系金融マンの投資大学】

-豆知識等

© 2021 外資系金融マンの投資大学