新着記事 豆知識等

2021年6月 FOMCを考察する【エドナル予見】

いつもご覧頂きありがとうございます、現役外銀エドナルです。

昨晩のFOMCがこれからの相場に与える影響についての考察です。初動はポジションを調整する向きで軽い反応、今後はどうか?

 

エド
今回のFOMCは一言で言うと、想定内のタカ派シフト。
注目のドットチャートでは、2023年末までに2回の利上げを想定するメンバーが13人と過半数に達した(←想定外、他は想定内)。3月のFOMCでは2023年に利上げなしが11人いたが今回は5人へ。
ナル
エド
ジワジワと利上げが視野に。一時的ではないインフレ圧力の強さから白旗を掲げた格好か?では、何に投資すれば儲かる?

 

 

1. 白旗を掲げたかパウエル爺さま。「インフレは一時的ですぞよ~フォスフォス」  ⇒完全撤回!

今回のFOMCでは、ドットチャートの変化、経済見通し、テーパリング議論の開始の有無の3点が注目されていたと思います。そして、公表された内容はいずれもがタカ派的でしたね。

 

とりわけドットチャートでは利上げ時期前倒しの可能性も示され、今後は従来より利上げ時期を意識した市場展開が想定されます。

 

また、パウエル議長は会見において、供給制約が物価に及ぼす影響が予想されたより大きかったとし、インフレ率の上振れは予想より大きく、長続きする可能性が高いとの見解を示しました。

パウエル議長はこれまで「インフレは一時的ですよ~、あくまで一時的ですよ~」と連呼してきました。

市場は半信半疑でしたが、ポジティブに解釈、その発言が政策に反映されるとし判断。投資家は過度に拙速な売りで反応せず冷静に対応してきました。これが今後ややぐらいつてくるでしょうね。

 

そして、テーパリング開始の議論については微妙な表現を展開。今後メンバーの誰かがFOMC外で発言するなどで、彼らのコメントに一喜一憂する機会は増えていくでしょう。

 

要は、少しずつ風向きが変わってきていますよ。

 

 

2. ドル円は堅調と推察。新興国債券はやめておきなさい。もし新興国行くなら株ですな。

では、何が儲かるか?

 

エド
ドル円は引き続き堅調と推察。経済回復と利上げ観測による金利上昇→ドル買い需要は今後数年続くと見ています。もしドル安円高に突っ込む局面があればストロングバイ、しこたまドルを買うに限るかと。
ちなみに同日発表された、日銀の政策決定会合では、日銀がイールドカーブ・コントロール政策を当面維持する見込みであり円金利の上昇は限定的だろう。ドル買い保持を決め込む環境は完全に整っているね。
ナル

 

エド
一部の証券会社や銀行の窓販では、トルコリラや南アフリカランドやブラジルレアルが安いから買いだと言っているそうですな。
人のカネだからと恐ろしいね。まどわされずに先進国オンリーの投資が良い。もし手を出すなら株だ。新興国の株、債券はダメ、そして儲かったら早く逃げることだね。なお、通貨はさらに下落すると思うよ。
ナル
エド
アメリカ人は米国株ばかり持っています。新興国市場へ手を出す人は意外と少ないんですよね。

 

 

3. 気持ちはわかるが「金」もやめておきなさい。

最近金の相場についてご質問を頂きますが、金の相場はやはりもう終わったと考察します。

再び高値をとりに行くようなことは、まずないと予想しています。

金が安いから逆張りを。これは今のマクロ経済からして危険かもしれません。

順張りでいきましょう。

 

 

4. 常に言い続けます。ど真ん中は米国。株&リートを押し目買い。

 

私が本業で接する投資家の資産は、いまなお凄まじい勢いで増えています。

今週お会いした方々も、4月から比較しても数千万~1億数千万増えており、金額の急上昇についていけていない様子。レバレッジはかけていません。まさに左団扇状態。

ポートフォリオのど真ん中にあるのは、リートと株。株はバリューとグロースをマネーが行ったり来たり状態。非常にいい状態のラリーですよね。

もう色々株買っているが、売ったり買ったりしてわかならくなるよね、じゃあ何を持てばいい?と聞かれれば、

そうだあな、迷ったらGAFAMですね。タイミングは押し目。

そろそろSPAC銘柄もいいかもしれませんね、ロックアップ期間終了した銘柄に限りますよ。

 

 

5. まとめ:FOMCは想定内のタカ派。続きは週末のエドナル考察にて…

さて、終盤で話がそれましたが、今回のFOMCは想定内でありつつもタカ派寄り、意外だったのは「2023年2回利上げが過半数を占めていた」ということです。

決してびっくりするような内容ではありません。

 

メジャーSQとFOMCの2大イベントの通過待ちだったまりんちゃんは、明日以降で仕掛けていきたい思います。

今月のまりんちゃんはまだノーディール、休むも相場中です。

 

詳細については週末にアップできたらと思います。

 

以上となります。最後までお読み頂きありがとうございました。

尚、当記事は情報提供資料であり勧誘等を目的とするものではありません。詳細は免責事項をご確認下さい。また上記情報の詳細については、必ず引用元をご確認下さいますよう重ねてお願い申し上げます。引き続きよろしくお願いします。

【外資系金融マンの投資大学】

wrriten by エドナル

-新着記事, 豆知識等

© 2021 外資系金融マンの投資大学